オウム真理教事件 死刑囚一覧 学歴 死刑囚13人と村井秀夫元幹部について 

松本・地下鉄両サリン事件など一連のオウム真理教事件をめぐり、岡崎(現姓・宮前)明ら6人の刑が本日7月26日に執行されました。

元教祖の麻原彰晃元死刑囚(本名・松本智津夫)ら7人は7月6日に執行されています。

オウム真理教には高学歴で才能あるエリートが集まっていました。

一連の事件で死刑となった死刑囚13人をこちらでまとめました。

スポンサードリンク
 

一連のオウム真理教事件 概要

確定判決によると、教団は(1)元年11月、教団に反対の立場を取っていた坂本堤弁護士=当時(33)=ら家族3人を横浜市の自宅で殺害(坂本弁護士一家殺害事件)(2)6年6月、長野県松本市でサリンを散布し7人を殺害(松本サリン事件)(3)7年3月、東京都心を走る3路線5方面の地下鉄でサリンをまき12人を殺害(地下鉄サリン事件)-などの凶悪事件を次々に起こした。

事件は麻原元死刑囚が主導。救済の名の下に麻原元死刑囚が日本国を支配しようという妄想の果ての犯行だった。岡崎死刑囚ら6人はこの3事件のいずれかに関与。松本サリン事件と地下鉄サリン事件では、後に被害者が1人ずつ死亡し、一連の事件での死者は29人に上っている。

出典;産経新聞

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月6日死刑執行 死刑囚一覧

 法務省は6日、1995年3月の地下鉄サリン事件など計13事件で27人を死なせたとして、オウム真理教元代表の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(63)ら7人の教団元幹部の死刑を執行したと発表した。

出典;AERA dot.

松本智津夫(63)

遠藤誠一(58)

 京大大学院医学研究科博士課程中退。麻原四女の“許嫁”。

土谷正実(53)

 最終学歴:筑波大大学院化学研究科中退。サリンの合成に成功する。

新実智光(54)

 最終学歴:愛知学院大法学部。「教団で最も血なまぐさい男」。

井上嘉浩(48)

 最終学歴:日本文化大中退。麻原に寵愛された「側近中の側近」。

中川智正(55)

 最終学歴:京都府立医科大医学部。出家2カ月後に坂本事件に関与。

早川紀代秀(68)

 最終学歴:大阪府立大大学院農学研究科。「秘密兵器研究家」と呼ばれ教団の武装化を進めた。

 

 

出典;AERA dot.

スポンサードリンク
 

7月26日死刑執行 死刑囚一覧

法務省が執行を公表するようになった2010年11月以降で、1カ月の間に2回執行されたのは初めてだそうです。

岡崎(現姓・宮前)一明(57)

最終学歴:山口県立小野田工業高校。

親から高い教育の機会を与えられた高学歴のエリートが多い中で、不遇な幼少期をすごした。

横山真人(54)

最終学歴:東海大工学部。教団では科学技術省に所属し、機械班の仕事を任された。

林(現姓・小池)泰男(60)

最終学歴:工学院大二部電気工学科。恋人と逃亡続けた「殺人マシン」。

豊田亨(50)=東京拘置所

最終学歴:東大大学院理学系研究科中退。性格も温厚で、周囲から信頼される好青年だった。

広瀬健一(54)

最終学歴:早大大学院理工学研究科。

地下鉄サリン事件には実行犯の一人として加わり、丸ノ内線御茶ノ水駅付近でサリンをまいた。

端本悟(51)

最終学歴:早大法学部中退。「オウムシスターズ」の次女と恋愛関係にあった

以上、麻原死刑囚の他、12名についてはこちらでまとめられておりますので、宜しければご覧下さい。

→ AERA dot.

また、こちらでは3月、麻原死刑囚が3月14日に東京拘置所から大阪拘置所へ移送された後の生活模様をまとめています。

独房で過ごす松本死刑囚

本当なら14人目? 村井秀夫元幹部について

村井元幹部は、地下鉄サリン事件のあと、たびたびマスコミに登場してはオウムの潔白を訴えていました。

そんな最中の1995年4月24日に彼はオウム真理教の東京本部前で刺殺されたのです。

口封じのためだと考えられています。

本来なら彼も死刑囚に数えられていたかもしれない、という内容です。

⑭?村井秀夫元幹部(当時36)

大阪大学を卒業し、大手鉄鋼会社に入社したエリート。

麻原元死刑囚から信頼が厚い、幹部だった。

「本当は、死刑になるのは13人じゃなくて、14人なんだよな」

と話すのは、警視庁でオウム真理教の地下鉄サリン事件の捜査を手掛けた、元捜査員だ。

地下鉄サリン事件、松本サリン事件、坂本弁護士一家殺人事件など、一連の裁判では、麻原元死刑囚と実行犯をつなぐキーパーソンの不在がネックだった。

多くの元教団幹部は、麻原元死刑囚から直接、指示を受けたケースは少なかった。麻原元死刑囚と実行犯だった、元教団幹部の間にいたのが、教団ナンバー2「正大師」の地位についていた村井秀夫元幹部(当時36)だった。

「一連のオウム真理教の事件の捜査をしていると、何度も『村井元幹部から指示を受けた』という供述を聞きました」(前出・元捜査員)

出典;AERA dot.

まとめ

全員が高学歴のエリートで非常に頭の良い頭脳集団なのです。

オウム真理教がいかによく組織された集団だったのかがうかがえます。

この才能が洗脳と殺人に使われてしまったのが残念でありません。

スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする