小島一朗 新幹線で無差別殺傷 車中パニック その様子は?動機と人物像について家族が証言

9日夜、走行中の新幹線で乗客男女3人が殺傷されるという事件が起こりました。

逮捕された小島一朗容疑者は「むしゃくしゃしていた。だれでもよかった」と話しています。

事件直後の車中の様子と家族が容疑者について取材に応じているのでまとめました。

スポンサードリンク
 

概要

事件直後、新幹線はJR小田原駅に臨時停車し、容疑者は身柄を確保されました。

この事件は、9日午後10時前、東京発新大阪行き「のぞみ265号」の車内で、乗客3人が首などを刃物で刺され、30代の男性が死亡、20代の女性2人が軽傷を負ったものです。

警察は、自称・愛知県岡崎市の無職、小島一朗容疑者(22)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。現場からは、ナイフとナタのような刃物が1本ずつ見つかっていますが、これまでの警察への取材で、小島容疑者が車内に複数の刃物を持ち込んでいたことから、計画的に犯行に及んだ可能性があることがわかりました。

「(小島容疑者は)のこぎりか刃物か、新聞に包んだものを持っていたみたい」(車内にいた人)

小島容疑者は調べに対し、「むしゃくしゃしてやった。誰でも良かった」と容疑を認めているということです。警察は、事件のいきさつを詳しく調べています。

出典;JNN

事件当時の車中の様子

事件当時、車内にいた人の証言です。

「(事件が起きた)12号車の人は、すごい形相で逃げてきたので、みんな押していた」(事件車両の隣に乗っていた女性) 「『逃げて』と言われたので、それを聞いて、うそじゃないと分かったので、これは普通じゃないわと。逃げないと怖いことがあるという感じ」(事件車両の隣に乗っていた女性)

出典;JNN

「キャーっという叫び声と雪崩みたいに人が来て、ドミノ倒しになった。ただただ怖かったです」(車内にいた人)

「(小島容疑者は)血まみれの包丁みたいなものを持っていた。大きさは20~30センチ。結構長かった」(車内にいた人)

「(亡くなった男性は)かなり出血が激しいような状態で担架で運ばれた。血まみれで」(搬送を見た人)

出典;JNN

スポンサードリンク
 

容疑者プロフィール

  • 小島一朗 22歳
  • 無職
  • 愛知県岡崎市 (両親と折り合いが悪く、祖母の養子となっている。)
  • 高校まで愛知県一宮市にいた
  • 19歳で職業訓練校を卒業
  • 機械メンテナンスの仕事をしてこともある。
  • 2017年12月「自殺をする」と言って家を飛び出す

出典;JNN

東海道新幹線の車内で、乗客3人が刃物で襲われ死傷した事件で、逮捕された男が2017年12月、親族宅を出たあと、連絡が途絶えていたことがわかった。

親族などによると、小島一朗容疑者(22)は、中学生のころ、精神的な疾患があると診断され、家族とのトラブルも起きていた。

同じ時期に、小島容疑者は自立支援施設で生活を始め、19歳で職業訓練校を卒業したあと、職を転々とする一方で、治療のために4カ月間、入院していたという。

出典;FNN

スポンサードリンク
 

殺人動機

動機について容疑者は、「むしゃくしゃしていた。だれでもよかった」と話しています。

小島容疑者は2017年の12月から祖母の家を飛び出し、連絡が途絶えています。

 祖母は「オレは自殺するんだ。こんなことでごそごそしているなら死んだ方がいいと」話していたと語りました。

小島容疑者が使っていた部屋には「人生においてやり残したこと、冬の雪山での自殺」などと自殺願望を記した自筆のメモや日記が残されていました。

出典;CBCニュース

逮捕された際、小島容疑者は死亡した男性の下半身付近にまたがるようにしゃがんでいて、警察官に立つよう促されると、素直に応じたということです。

出典;JNN

家族の証言

取材に応じた小島一朗容疑者の実の父親と祖母は、容疑者についてこのように語っています。

「夜にわたしの寝室に入ってきて、包丁と金づちで威嚇するような感じで」、「取っ組み合いました」などと話した。

出典;FNN

また、一宮市に住む容疑者の父親は水筒が欲しいというので、中古の水筒を与えたら「なんで中古の水筒なんだ」と言って刃物を持って私の方へやってきた。取り押さえて警察が来るのを待った。思ったことはまげない、などと話していました。

出典;CBCニュース

「(小島容疑者は)『俺はこの世は嫌だ』と言って、すぐに『死にたいんだ』と言っていた」(小島容疑者の祖母)

出典;JNN

ネットの反応

刃物を複数新聞紙にくるんで持ち込んでいる時点で無計画は成立しない。

別の記事で『この世が嫌い』『自殺願望がある』などとありましたが、間違いなく動機も自分勝手なものでしょう。

何にせよ、突然現れる狂人程恐ろしい物はないと思います。パッと見、危なそうとか、普段接していて言動から絶対に関わってはならないと分かっている相手なら避けようがあるものの、無防備な所に突然現れたら防ぎようがありません。

しかし、今後もおかしな狂人は必ず出てくるでしょうから、その対策を作っていかねばならないと思います。

Yahoo!ニュース

残念ながら今日から新幹線でも飛行機、深夜高速バスや映画館でも、
少なからず隣席の人を警戒する嫌な世の中になってしまった…
どこもかしこもお互いが不審がっていたら窮屈すぎる。でもそうなってしまったんですね。

Yahoo!ニュース

最近、むしゃくしゃしてと起こす事件が多すぎる。

よりによって何故に、新幹線の中で??
逃げられにくい、からだと思うが許せん犯行だ。

Yahoo!ニュース

スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする