真田かよ子 10年介護の末に息子を殺害 ALSかパーキンソン病か?

難病を抱える息子をロープで絞め殺すという悲しい事件がおきました。

介護疲れの末の犯行。長年の介護を要する病気について調べてみませいた。

スポンサードリンク
 

事件概要

73歳の母親は10年に渡る介護の末にベッドで寝ていた49歳の息子を殺害してしまいました。

息子が患っていた病気とはどんな病気だったのでしょうか。

殺人の疑いで逮捕されたのは、鳴門市大津町の会社員・真田かよ子容疑者(73)です。

かよ子容疑者は7日午前0時過ぎ、自宅のベッドに寝ていた次男の真田修志さん(49)の首をロープで絞め、殺害した疑いが持たれています。

この家には、かよ子容疑者と夫、修志さんの3人が暮らしていて、体が自由に動かせない重い病気を患っている修志さんをかよ子容疑者が10年に渡り介護していたということです。

【近所の人】

「信じられない。奥さんは話も気軽にしてくれるいい人」

かよ子容疑者は「介護に疲れた」と話し、容疑を認めているということです。

出展; FNN

真田かよ子容疑者プロフィール

 名 前    真田かよ子
 年 齢    73歳
 住 所   鳴門市大津町
 職 業   会社員

出展; FNN

スポンサードリンク
 

考えられる病気

かよ子容疑者会社員をしながら介護をしていたようです。

さぞ大変だったに違いません。

「体が自由に動かせない思い病気」とはどんな病気でしょうか。

報道では明らかにされていませんが、二つほど考えられる病気がありました。

パーキンソン病”と”ALS”です。

いずれも体が動かすこと、食べ物を飲み込むことが困難になるため、ベッドから起き上がること、椅子からの立ち上がり、食事への配慮や入浴時のサポートが必要となるため、介護には相当の忍耐と体力が必要となりそうです。

パーキンソン病

筋力が保たれているのにも関わらず、体が思うように動かなくなってしまう病気。

自由に動きにくくなること。体のバランスが悪くなり、倒れやすくなることがある。

症状の進行はゆっくりで、普通は数年から数十年かけて立ち上がったり、歩きにくくなっていくそうです。

また、このような症状が現れるようです。

■ ふるえ
手の震えは規則正しく、じっとしている時出現するのが特徴。

■ 無動
動作が遅くなり、スムーズな動作が出来なくなってくる。

椅子から立ち上がったり、ベッドから起き上がったりする事が苦手になるので、どんどん運動量が減ってしまう。

浴槽をまたぐ事が出来なくなってくる。

■ 姿勢反射障害
身体のバランスを崩しやすくなること。

立ち上がったり、振り返ったりするときにとくに注意が必要。

歩行の姿勢も特徴的で、前かがみに歩くようになり、歩幅が小刻みになり、急に止まれなくなる。

■ 顔面の変化
手足だけではなく顔の動きも悪くなり、表情が硬い険しく無表情になる。

口をあまり動かさずに早口でしゃべるようになるので話が聞き取りにくくなります。

喉の動きがわるくなるので、唾液を飲む事ができなくなりよだれをたらすこともある。

■ 便秘
パーキンソン病による運動不足が原因と考えられている。

■ 睡眠障害
寝つきが悪くなったり、朝早く起きてしまう。

しっかりとした睡眠が取れないため、日中にうとうとしてしまう。

■ 精神症状や物忘れ
やる気がなくなったり、集中力が低下、物忘れ。

疲れやすく倦怠感の訴え。

ときには幻覚や妄想が見えて、周りの人たちを驚かせることもある。

以上、こちらを参考にさせていただきました。→All About

ALS(筋萎縮性側索硬化症)

脳の命令を筋肉に伝える役目をする運動ニューロンが侵される病気。

筋肉を動かしにくくなったり、筋肉がやせ細ってきます。

歩いたり、物を持ち上げたり、食べ物を飲み込むことなど、いろいろな動作をするときに障害が起こります。

運動、コミュニケーション、嚥下、呼吸の4つの障害のうち、最初にあらわれる症状は人によって異なりますが、最初の症状がどれであっても、症状が進むとともに、これら4つの症状がすべてあらわれるようになります。
患者さんによって病気の進行の速さは違いますが、運動障害が最初にあらわれる患者さんの場合、次第に手足がやせていき、歩いたり動いたりすることが困難になります。さらに症状が進むと、食べ物を飲み込むこと、ことばを発することが困難になります。顔の筋肉の力が弱くなってくると、よだれが出たりします。食べ物を飲み込みにくくなったら、チューブを通して栄養をとる場合もあります。 次第に全身の筋肉の力が弱くなり、自力では起き上がれなくなります。
しかし、意識や五感は最後まで正常で、知能の働きも変わりません。

出店;Live Today for Tomorrow

意識はしっかりしているのに体が動かせない、これはつらいです。

スポンサードリンク
 

ネット反応

高齢のご夫婦で息子の介護はさぞ大変だっただろう。
殺人を手放しで肯定するわけではないが、相当追い詰められての結果だったんだろうなぁと思うと辛い。

Yahoo! ニュース

73歳といったら介護される立場の人もいるわけで。。。
体力や気力の衰える中の介護は疲れたなんてものではなかったはず。
結局、こういう方を救う手立てを考えていかないと、日本全体の閉塞感はなくならない気がする。

Yahoo! ニュース

も。障害者介護してる家把握して家庭訪問してもらいたかった。
老人施設より、格段に少ない障害者施設。
両親が高齢、虐待の可能性あると入居しやすくなるし、費用も生活保護段階だと数万円かな。でも年金だけではキツイか。

Yahoo! ニュース

まとめ

73という年齢で会社員として働き、家事と介護にあけくれ疲れ果ててしまったでしょう。

施設に預けるのにも費用の工面がむずかしかったのか。

かよ子容疑者は高齢であるにも関わらず働いていたのですから、こういう方を優先的に施設を利用できるような制度や補助金を受け取れる制度があったかもしれません。

限界が来る前に周りに助けを求めてほしかったと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする