銃刀法違反の30代の切りつけ男に警察官が発砲 搬送の様子画像あり 男は搬送先で死亡

約15センチの刃物で近所の60代男性の頭付近を切りつけた30代男が身柄確保後、今度は警察官の顔を切りつけました。

警察官が発砲し30代男は銃弾に当たり死亡しました。

事件詳細を追います。

スポンサードリンク
 

事件概要

28日午後4時半ごろ、熊本市で男が60代の男性に刃物で切りつけた。男は駆けつけた警察官にも切りつけたため警察官が発砲し、銃弾が当たって男は死亡した。

警察によると、28日午後4時半ごろ、熊本市東区の住宅街で、男がトラブルとなっていた60代の男性に刃物で切りつけ、男性は頭の付近にケガをした。刃物を持った男はその後、通報で駆けつけた警察官にも切りつけ、40代の警察官の男性が頭にケガをした。2人とも意識はあるという。

NNN

警察官は男に発砲し、午後4時40分に銃刀法違反の疑いで逮捕したが、男には銃弾が当たっており、その後、死亡したという。容疑者の男は30代とみられている。

朝日新聞

男が包丁(刃渡り約15センチ)で巡査長に切りかかってきたため、巡査長は5発発砲。

4発が男に命中したとのことです。

スポンサードリンク
 

事件現場

熊本県東区新南部(しんなべ)5丁目。

ここから頭付近を切りつけられた男性から「刃物で男に顔を切られた」と110番通報があった。

銃弾が当たった男の搬送の様子

警察官が発砲した銃弾に当たった男は搬送されましたが死亡が確認されました。

警察官が現場に駆けつけたところ、刃物を持った男がいた。逃走した男が追いかけた警察官に向かってきたため、男性巡査長(40)が警告のうえ、拳銃を発砲した。弾は命中し、男は搬送先の病院でまもなく死亡した。

朝日新聞

こちらが弾に当たった30代男が搬送される様子です。

NNN

被害にあった男性は意識はしっかりしていたが、「こんなことになるとは。驚いた」と話しているそうです。

近くに住む男性は、買い物から帰宅すると、被害者とみられる男性が頭から血を流し、携帯電話をかけながら歩いていたのを目撃した。男性を近くの駐車場に座らせ、救急車を呼んだが、近くの消防署から救急車が来ず、約10分後に再度119番通報すると「消防署でトラブルがあり、出られない」と返答があったという。 男性は携帯電話で警察と長時間話しており、意識はしっかりしていた。遅れて到着した救急車で運ばれていった。「こんなことになるとは。驚いた」

朝日新聞

ネット反応

結果として犯人射殺で被疑者死亡のまま送検だと思いますけど、警察の判断と行動に問題は無いと思います。

Yahoo!ニュース

警察官の発砲は賛否両論ありますが今回は問題無いかと思います。ただ発砲した警察官の心のケアも必要ではないでしょうか?

Yahoo!ニュース

スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする