実は身代わりだった雛人形 ひな祭りの本当の意味

3月3日は桃の節句、ひな祭りですね。

雛人形は代々受け継がれるもの、と考えがちですが実はNGだそうです。

合わせてひな祭りに食される料理や食材に込められた願いをまとめてみました。

意味を知っているとひな祭りがもっと楽しくなりますよ。

出典;www.kyugetsu.com

スポンサードリンク
 

まずは桃の節句のご馳走から

桃の節句でいただく料理や使われる食材にはどんな意味や願いが込められているのかはこちらです。

はまぐり

はまぐりの殻は、片割れの殻としかぴったり合わないことから、「良い相手に巡りあい、生涯連れ添う」と考えられました。

はまぐりは水が汚れると一夜で移動することから「純潔」の象徴、そしてはまぐりの古称「うむぎ(海の蛤、白蛤)」は生喜に通じることから「出産」を象徴します。

白酒

もとは桃の花を酒に浸した「桃花酒」が飲まれていましたが、アルコールが入っているので代用品として甘酒が飲まれるようになりました。

ひなあられ

桃色、緑、黄色、白の4色が四季を表し、一年を通して健康であってほしいという願う気持ちからきているそうです。

ひしもち

赤・緑・白の三段重ねの餅は、赤にはクチナシ、緑にはヨモギを混ぜて作っていたそうです。

クチナシもヨモギも邪気をはらうと信じられていた薬用の食物で、菱形は心臓(心)を表しているとも言われています。

ちらし寿司

ひな祭りにちらし寿司を食べるいわれは元々ないそうですが、寿(ことぶき)を司(つかさどる)ことから、縁起が良いのものであり祝いの席でふるまわれます。

具材の海老は腰が曲がるまで丈夫で「長寿」、赤色は「魔除け」、脱皮を繰り返すことから「出世」を意味し、レンコンは穴から先を見通せることから「先の見通し」、筍(たけのこ)は竹は成長が早いことから「すくすく育つ」、といった意味合いがあります。

錦糸玉子や三つ葉が添えられ、彩が良い華やかな見た目からひな祭りの定番メニューになったといわれています。

スポンサードリンク
 

雛人形は身代わり

ひな祭りは人の形をかたどった「人形(ひとがた)」や「形代(かたしろ)に穢れ(けがれ)を移し、難を逃れる厄除けの儀式に由来します。

「千と千尋の神隠し」にも紙の人形(ひとがた)が出てきましたがこんなかんじでしょうか。

出典;detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

人形(ひとがた)や形代(かたしろ)は、持ち主の災厄を引き受ける身代わりなのです。

大切な子どもを守ってくれた雛人形は女の子が無事に成長したらお役目を終了します。

一人に対して用意されるもので、お役目を終えた人形を子供や孫に引き継ぐのは誤りだそうです。

因みに雛人形を早く片付けないと婚期の逃すというのは迷信で、「片付けもできないような女性はお嫁に行き遅れますよ」と言ってしつけた「しつけ節」だそうです。

ひな祭りは旧暦三月は『祓月』といい、節句とは体調を崩しがちな季節の変わり目に旬の食べ物の命をいただき、娘の無事と末永い健康を祈る儀式、「お祝いの儀式」ではなく、身のけがれを祓う災厄除けの行事なのですね。

そういえば、「丑の刻参り」は人形(ひとがた)を使った呪いの儀式ですね。ものすごく怖いです…

スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする