宮城敏之 ボキっという音がした! 生涯者施設内で起きた暴力 男性死亡

生涯者支援施設で入所者の男性に暴行し、死亡させたとして職員の宮城敏之容疑者が逮捕されました。

男性は腰の骨が折れていたとのことです。

施設内で何が起こったのかを追います。

スポンサードリンク
 

概要

宮城敏之容疑者は、「男性が床に座ったまま立ち上がらず、起き上がらせようとしたらボキッと音がした」と容疑を否認していますが、起き上がらせようとしただけで骨が折れるのでしょうか。

 警察によりますと、大阪府寝屋川市の障害者支援施設「隆光学園」の職員、宮城敏之容疑者(27)は今月13日、入所者の45歳の男性に暴行し、死亡させた疑いが持たれています。男性は腰の骨が折れていて、死因は大動脈を損傷したことによる出血性ショックだったということです。

宮城容疑者はこの日、男性が入所する3階を1人で担当。午前4時ごろに男性を連れてトイレに向かう姿が防犯カメラに写っていて、その1時間後に「男性の体調が悪い」と施設から119番通報があったということです。

出典;JNN

事件の経緯

  • 事件当日の夜勤は3人態勢だった。
  • 午前4時 男性をトイレに連れて行く。
  • 小西さんが廊下で座り込んだため「立たせようとした」と暴行を否認しているという。
  • 別の用事で15分間現場を離れ、戻ると小西さんが床に座り込み呼吸が荒くなった。
  • 午前5時 連絡を受けた同僚が119番通報
  • 死因は腰椎(ようつい)骨折による出血性ショックで、他に目立った外傷はなかった。

警察によりますと、施設の廊下に設置された防犯カメラには小西さんが自分の部屋から宮城容疑者と一緒に出てくる姿が映っていて、別の職員が小西さんの異変を確認するまでの間に何らかの暴行を加えられたとみられます。宮城容疑者は容疑を否認し、「介助をしていて起き上がらせる時にボキっという音がした」と話しています

出典;ANN

スポンサードリンク
 

容疑者プロフィール

  • 宮城敏之
  • 大阪府交野市妙見東5
  • 27歳
  • 社会福祉法人「光輝会」職員

事件があった場所

社会福祉法人「光輝会

70人の知的障碍者らが入所している。

出典;ANN

ネットの反応

入所者殺すぐらいストレス溜まってたら仕事辞めるしかない自分も介護職をやっていたがこの人の気持ちは分かる。でもその前に仕事を辞めたほうがいい

Yahoo! ニュース

給料安いから心と体のバランスが取れない。
介護職とかもそう。
国は、早急に高待遇に職員を持って行かないと人数確保所か、また同じ事故や事件が必ず起きる。

Yahoo! ニュース

簡単に折れるという人もいるが、
普通に身体を起こした位じゃ折れないでしょ
踏むか蹴るかエルボーとかしないとね

Yahoo! ニュース

職員が激務だという事は知っているが、やり過ぎはダメだよ。職務に合った報酬額へ増額して欲しい。

Yahoo! ニュース

そこまで追い込まれ、暴力を振るってしまう状況や心理になってしまったのなら、仕事を辞めたり休職しないといけないと思う。

個人の問題ではなく、職場でメンタルケアをしていかないと、また別の施設で同じことを繰り返すことになると思う。

Yahoo! ニュース

まとめ

入所者に暴力なんて、、、と思いながらも容疑者の肩を持つ意見が多いように思いました。

ストレスも多くて暴力をふるってしまう気持ちがわかる、という声です。

精神的にも体力的にも大変な割に賃金が少ないというのは前々からのある問題ですね。

生涯者だけでなく高齢者が増えつつあるこれからは、介護者は絶対必要となる労力です。

大きな助けとなるこの職業の方たちにそに見合う給与が与えられる社会になることを願います。

スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする